辛い貧乏から上手く脱出するには?

辛い貧乏からは、脱出するには方法がちゃんとあります。
お金では、買えないものはあるとよくいいますがそれはただの言い逃れです。
辛い状況から脱出するには、自分に言い訳をしている間は無理があります。
まずは、今の貧乏の理由を見つけることです。
そして、今の状況が辛いと感じるのなら脱出するにはどうするのか真剣に考えることです。
お金がないのなら、まずは収入が上がるように仕事を頑張ることです。
これ以上、仕事は頑張れないのなら後は、お金の使い方の意識を変えることです。
貧乏という人ほど、つまらない見栄をはったり無駄使いをしています。
そして、少しの節約をバカにしていませんか?
まず、一番にしてほしいのが毎日用がなくてもコンビニに行くことをやめることです。
確かにコンビニでは、使う金額は少額かもしれませんが同じものがスーパーなら安く販売しています。
コンビニにいくのは、どうして必要なものを買うときだけと決めます。
今の辛い状況を、招いているのは誰のせいでもなく自分自身です。
自分の意識を変えると、お金が残ります。
仮に借金があるのなら、欲しいものは一切買わずにまず完済することです。
そして、銀行の通帳を2つに分けるといいです。
1つ目は引き落としなどの生活用にして、もう一つを貯金用にするとお金が貯まります。

1

貧乏の原因や理由は年収と関係があるの?

貧乏になってしまう理由や原因は、本当に年収と関係があるでしょうか。
もしあるなら、貧乏にならないためには一体どれくらいの年収が必要なのでしょうか。
貧乏の原因は支出が収入を上回ることから生じます。生きるのに必要な衣食住さえ賄えないことがあります。
借金を抱えることで、支出はさらに多くなり、ますます貧困になります。
支出や借金を十分に賄える年収があるなら、貧乏になることはありません。
ところが高い年収を稼いでいる人であっても、貧困に陥ることがあります。
その理由は簡単で、収入を大きく超えた消費をしたためです。多くの場合、飲食や賭け事が原因となっています。
ですからどれほどの収入があったとしても、資力を超えた消費をするなら簡単に貧困状態になります。
結論は、低所得が貧乏の理由や原因になるのではありません。むしろ無謀な経済感覚が原因です。
貧困にならないために、実際的なプランを立てることは助けになります。
人と生活スタイルを比較しないようにしましょう。
うらやましく思うと、自分の経済能力を超えた消費をしたくなります。
そうなると後先を考えず、取り返しのつかないことになりかねません。
家族まで巻き込んだら大変なことになります。

2

貧乏生活を送る主婦の節約の工夫とは?

お金がなくて貧乏な生活を送っている主婦のみなさん、毎日の節約生活は楽しみながら取り組めていますでしょうか。
こう言われても、難しいに決まっているというお言葉をいただくのではないかと思っております。
なにしろ、節約イコール何かを我慢するというのが一般的なイメージですからね。
そこで、貧乏でも楽しく、貧乏でも明るくをモットーに節約生活を送ることができるといいですよね。
主婦の皆さんは、ご自分で家計をやりくりされている負担と同時に、ご自分で家計をやりくりできる特権もお持ちです。
いかがでしょうか、こう考えると、苦労して捻出したお金を自分へのご褒美に使っていいんじゃないと思えてきませんか。
会社勤めの方から考えると、いわゆる「成功報酬」です。
主婦にとって家計のやりくりは仕事と同じですから、これくらい当然の権利ですよね。
そこで、いかにして成功報酬を得るかです。まずは家計簿に挑戦しましょう。
何度も挑戦してはくじけてきたかもしれませんが、今はスマホの家計簿アプリなどの簡単なものも増えています。
家計簿をつけることにより、ご家庭での無駄な支出や削ることができる支出を見つけることができます。
保険料などは見直しによる節約が簡単ですし、食費であれば節約料理に挑戦ということになります。

3

貧乏でも料理次第で美味しい飯が食べれるレシピはある!

貧乏だと困ることの1つが、ご飯を食べることでしょう。
光熱費なども節約できますが、どうしてもかかってしまうので食費で節約
することを考えるのではないでしょうか。
貧乏飯のレシピにはいろいろありますが、ご飯さえあればなんとかなるものです。
トッピングするものを少しずつ変えることで飽きることもありません。
マヨネーズをトッピングするレシピはいかがでしょうか。
マヨネーズのコクがお腹を満たしてくれます。
スライスチーズをトッピングするレシピもおすすめです。
とろけるタイプなら、トロッとした食感も楽しめるので贅沢感を味わえます。
これに塩昆布をかけてみたり、なめたけをかけてみたりするだけでも
また、違った料理になるので飽きることがありません。
このように、貧乏だからといって満足な食事ができなくとも飽きることなく
毎食のご飯を食べることは可能なのです。
貧乏で食材が買えないのだから、料理をすることもないので楽チンだと考えることも
できます。
ご飯が手に入らないようなときには、今手元にある食材で料理することで工夫しだいでは
一般の家庭にヒケをとらないような料理を作ることも可能でしょう。
貧乏でも、毎日の食事は楽しく美味しく食べたいものです。

4

参考サイトを紹介していきます

貧乏から脱出できればいいのですが、貧乏がどんどん進行していくと、借金地獄になることもあります。
もし借金苦になってしまったなら、債務整理などの解決方法もあります。
ただ、こういう解決方法を利用する前に、情報を集めた方が良いです。
ここで紹介しているウェブサイトは、借金苦を詳しく説明しています。